« ソ祭まであと20日ということ | トップページ | ちまちました作業のこと »

航空力学を無視したペンギンのこと

美研は上智のサークル棟であるホフマン・ホール内にあるアトリエに巣食っています。
ホフマン・ホールにはアトリエ以外にもたくさんの部室や会議室があり、それからラウンジも併設されていて、パスタというかスパゲッティーが350円くらいで食べられます(略してホフスパと呼ばれる。ちょっと言いずらい…)。

今日そのホフスパを注文したら、キャンペーンだったのか何なのか、天空烏龍茶というドリンクがおまけに付いてきたのです。
ソフィア祭前は何かと出費がかさむ時期なので、有難くいただきました。

さて、今日は天空を翔る生き物のお話です。
前回ちらりと出てきたペン吉(仮)ですが

Pa0_0025

塗る前はこんな感じでした。

Pa0_0007

Pa0_0008

Pa0_0009

はい、ペン吉さん、回転してくれてありがとう。
というわけでこのペンギンは飛びます。
航空力学はかなり無視です。

そして、いきなり夢を壊すようで申し訳ありませんが、このペン吉さん(たち)の芯はこんな感じです。

Pa0_0028

胴体は小さいペットボトル、頭は新聞紙です。
翼部分には針金が入れてあり、それらを新聞紙と半紙でコーティング。

Pa0_0024_2

紙粘土で全体を覆って、尻尾や足やくちばしを形成します。
そしてまずは黄色部分(足とくちばし)を塗り

Pa0_0031

次にボディーの濃紺部分を塗ります。

Pa0_0029

おしりかわいい…。

Pa0_0027

最後にお腹を輝くような純白に塗って、ニスで仕上げて完成です。
ペンギンは大好きなので、特に楽しい作業でした。
今は二体目に取り掛かっています。
まだまだ作るぞー。




ペン吉たちのしっぽに胸がきゅんきゅんした方は、クリックをぜひよろしくお願いします。


人気blogランキングへ


作業中は思ったより集中しているためか、終わると放心状態です。
でもココアを飲むと多少地に足が着きます。太りそうなのが問題です。

|

« ソ祭まであと20日ということ | トップページ | ちまちました作業のこと »

動物園制作」カテゴリの記事

コメント

ペンギンの頭は新聞紙丸めただけでガチャ玉は入れてないぞ?

投稿: | 2007年10月12日 (金) 22時12分

がぼーん!
ご指摘ありがとう…。後で直しておきますね。

投稿: 美研人 | 2007年10月13日 (土) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457512/8337087

この記事へのトラックバック一覧です: 航空力学を無視したペンギンのこと:

« ソ祭まであと20日ということ | トップページ | ちまちました作業のこと »